礼 拝 説 教 要 旨   2015. 5. 3
「わたし自身があなたと同行する」
出エジプト記   33章1〜16節
小 菅  剛  牧師
  1、信仰者の一切の秘訣
 「わたし自身が一緒に行くであろう。そして、あなたに安息をあたえるであろう」(:33口語訳)。この変わらない臨在同行が信仰者の一切の秘訣です。
  2、主は、燃える柴の名から
 80歳のモーセに現れて「あなたをパロに遣わしてわたしの民をエジプトから導き出そう」と使命を与えられます。モーセは神に「わたしはいったい何者でしょう」と自分の弱さを訴えます。「わたしが必ずあなたと共にいる。これが、わたしのあなたを遣わしたしるしである」と臨在を約束されました。モーセは神が共におられることのすばらしい意味を経験するのです。(出エジプト3:10,11)
  3、臨在同行は、失敗した時にも約束して下さいます。
 シナイ山に登ったモーセが降りて来ません。民は不安に陥り、アロンに金の子牛を造らせます。クリスチャンの失敗は待ち望みで失敗します。頑なになり、神に反逆する民に天使が民を導くと言われました。荒れ野の旅は失敗の連続でした。それで、天使を遣わすと言われたのですが、モーセの祈りに応えて「わたし自身が一緒に行く」と約束されました。「私自身」とは原文で「わたしの顔」です。会見の幕屋で、神がモーセに顔と顔を合わせて語られた惠です(:11)。
  4、臨在同行は、弱さに徹した人に対する神の約束です。
 神に出会う荒れ野のモーセは自己絶望を神から学びました。荒れ野の旅でやはりモーセは自らの無力を知るのです。モーセは「あなた自身が一緒に行かれないならば、のぼらせないでください」(:15)と自らの弱さを告白します。神は、弱さに徹している人にこの約束を果たしてくださいます。