礼 拝 説 教 要 旨   2015. 8.16
「神のあなたへの計画」
エレミヤ書   29章4〜14節
小 菅  剛  牧師
 神は、あなたへの計画を持っておられます。わたしたちは自分の将来の計画がどのようなものであるかわかりません。このメッセージはバビロン捕囚という苦難の民に告げられました。苦難に中で先が見えないことほどつらく、苦しいものはありません。先が見えていれば我慢もできます。わたしたちへの神の計画は
  1、あなたに災いではなく平和の計画です
 あまりにきつい苦しみは、神から見捨てられ、呪いやたたりなのではと焦ります。これは神の計画を知らない人間の判断。神がおられる。その神は愛です。あなたへの計画があるのだから落ち着いた生活をしなさい(:4〜7)、占いに走る必要はありません(:8〜9)。 試練の中で人々は「先祖が酸いぶどうを食べれば子孫の歯が浮く」(エゼキエル18:2)のことわざが行き交っていました。これは自分の罪を言わないで先祖の罪によって苦しみを受けているのだと言ったのです。それに対して神は、「罪を犯した本人が死ぬのであって、子は父の罪を負うことはない」(エゼキエル18:20)と。人生の苦難は、偶然でも宿命(先祖のたたり)でもありません。神を信じるなら、偶然と言う魔物に縛られない力強い前向きな生き方ができます。神は、イエスの十字架によって神の怒りから解放してくださり、神との平和、人々や家庭の中に神にある平和の計画を持っておられます。神のもとに立ち帰れば神はあなたの心に平和を与えられます
  2、あなたに将来を与える希望の計画です。
 将来はあなたを愛しておられる神の御手にあります。神は創造において人を愛されました。神は、十字架によってあなたを愛されました。あなたの将来は神が開かれた希望があります(31:17)。イエスの復活による希望が明らかにされました。神に会い、神の元に帰る希望です。