2018. 2.25
「成熟した教会を目指して」
エフェソの信徒への手紙  4章7〜15節
小 菅  剛  牧師
  ある家に大きな名画が掛けられていました。近づいてみたらジグソーパズルです。いろんな形の小片が見事に組み合わされて一幅の絵を造っています。教会も同じです。12節に「キリストの体」(教会)とあり、4:1〜6で教会の一致、ここは教会の成熟が語られています。
 1、神は教会に教職を建てられた。:7〜15
(1)キリストの昇天によって、神はわたしたちに聖霊の賜物を一人一人に与えられました(:7〜10)。
(2)教会の成熟のために教職を立てられました(:11)。
@使徒は特別な使命を。復活の主に出会った証人。
A預言者は、説教者。神からの言葉を受けて語ります。
B福音宣教者は伝道者、救霊者。巡回伝道者です。
C牧者は羊飼いと訳されます。牧師で群れを養います。
D教師は教え導きます。神学者も含みます。
(3)教職の目的は、教会の成熟の為です:12
@聖徒たちを整えて(繕うの意)奉仕に当たらせる働きです。弱っている人を強め、各自の賜物が生かせるように奉仕します。@〜Dの教職はこの為にいます。
A教職は教会の成熟のために仕える僕です。成熟した大人と未熟な大人がおり、幼子のクリスチャンと一人前のクリスチャン(へブライ5:11〜14)がいますように、教会も未熟な教会と成熟した教会があります。神は大人教会になるように教職を立てられました。
 2、成熟した教会とは:13〜16
(1)神の子に対する信仰と知識が一致している教会
(2)キリストの満ち溢れる豊かさ(年齢、身の丈)に成長した教会。キリストの臨在あふれる教会でしょう。
(3)間違った教えに惑わされない教会:14
(4)愛の中で真理が語られている教会:15
(5)各々の賜物が責任もって働き組み合わされた教会
(6)完成された教会ではなく成長し続ける教会です。