2018.12. 9
「初めの愛に戻りなさい」
ヨハネの黙示録  2章1〜7節
小 菅  剛  牧師
 「こんなにも早く離れて、ほかの福音に乗り換えようとしていることに、わたしはあきれ果てています」(ガラテヤ1:6)とあり、ガラテヤの教会は宣教後数年で福音から律法に落ちてしまいました。エペソの教会は宣教30数年後初めの愛から落ちてしまいました。これはキリスト者によくみられることです。
  1、エペソの教会の落ち度とは何でしょうか:1〜3
 7つの教会に再臨への備えのメッセージが語られ、最初はエフェソの教会です。なぜエフェソの教会なのでしょうか。小アジアの教会の宣教的中心や政治経済の中心とかヨハネが牧師としていた教会からでもありません。悔い改めなければ燭台が取り除かれる、すなわち教会が消えてしまうほどの決定的な問題があったからです。この教会には称賛されることがありましたが(:2〜3)、それらでカバーできない初めの愛から落ちたのです。
  2、初めの愛とは何でしょうか:4
(1)十字架に感動し続ける心です。罪が示され、キリストが血を流してくださった愛に心が燃えていたのです。その十字架の愛、キリストの愛が冷えてしましました。
(2)キリストとの交わりが希薄になりいきいきした喜びがなくなってしまいました。教理は正しかったのですが、心は腹から生ける水が流れ出なくなりました(ヨハネ7:38)。そこから聖化の恵みに向かいます。
(3)兄弟姉妹に対する愛が冷めて、交わりが冷えてしまいました。交わりを避けるようにさえなります。
  3、悔い改めましょう:5
 ニコライは初代の7人役員の一人でした(使徒6:5)が今は放縦の教えを言う人に変わりました。教会は放縦には倣いませんが、イエスを熱く愛することもありませんでした。再臨の主にお会いできるために悔い改めよう。