2019. 6.16
「あなたはどこにいますか」 
創世記  3章1〜10節
小 菅  剛  牧師
  1、神が、人間に語られた最初の愛の言葉
 これは、罪を犯した人間に神が最初に語られた言葉です。神の言葉に逆らい傷ついてしまったアダムに、神は「あなたはどこにいるのか」と呼びかけられました。当然、怒られ裁かれ、責められても仕方がありません。アダムが木の間に隠れましたが、どこに隠れているかは知っておられる神があえて「どこにいるのか」と言われたのは愛からです。心をいたわる言葉であり失敗した人への思いやりが込められている言葉です。神のあなたへの最初の愛の言葉です。
  2,これは危険を告げる神の言葉
 罪は、神の顔を避けさせます。これは魂の何よりの危険な場所です。神の形に創造された人間は神との関わりに生きるように創造されました。人はパンだけで生きるのではなく神の言葉で生きるのです。戦後、ギレースビー宣教師が神戸の市役所の窓口にいた伝道者岸部勘次郎に「あなたはどこにいるのですか」と。神はあなたを呼んでおられます
  3,これは神との交わりを告げる神の言葉
 神は私たちと交わりを求めておられます。罪を自覚したアダムは、エバに責任転嫁をします。罪は神と人、人と人の関係を破壊します。この破れた関係を取り戻すためにイエスが十字架で死んでくださり、罪が取り除かれて、神と人、人と人との和解が生まれ、交わりが回復します。
夏目漱石は「則天虚子」(小さい自分の心を超越して宇宙の大きな道に従う、の意)と言ったが「死にたくない」と言って死んだ。それを聞いた正宗白鳥は、俺が死ぬときはそうは言いたくはないが、そう言うだろうか。実際、彼は「アーメン」と言って死んだ。国木田独歩。彼は千葉の銚子で生まれ、今の早稲田大学在学中、麹町の一番教会今の富士見町教会に通い、植村正久牧師から洗礼。小説の世界に入っていって教会をご無沙汰となったが、国木田が死の床で救いを求めた。植村は「祈れ」と。国木田は「祈れないんだ」。「祈れ」と。